糖尿病の基礎知識

糖尿病の種類は大きく分けて2つ 「1型糖尿病」と「2型糖尿病」

糖尿病には、その原因や状態によっていくつかのタイプがあり、大きく分けると
2つに分けることができます。


1つは、インスリンを自分でまったく分泌されない、またはほとんど分泌されない
「1型糖尿病」と、インスリンの分泌が少ない、または働きが悪い「2型糖尿病」です。


それでは、それぞれについて詳しく説明していきます。



「1型糖尿病」


1型糖尿病は、2型糖尿病に比べて発症率が低く、日本の糖尿病患者全体のわずか
5%程度です。


インスリンがまったく分泌されない、もしくはほとんど分泌されないため、体の中
のインスリン量が足りなくなるために発症するのですが、なぜそうなるかは「免疫」
が深く関わっています。


免疫は本来、ウィルスなどの外敵から身を守る働きをするのですが、この免疫が
すい臓のβ(ベータ)細胞というインスリンを作る細胞を外敵と間違って破壊する
ためにインスリンの量が少なくなってしまうのです。


なぜ外敵と間違うのか、その原因ははっきりわかっていません。


1型糖尿病は、発症してから急速に高血糖が進み、症状が悪化することが多く、
そのまま放置しておくと早ければ数日で糖尿病昏睡状態に至ることもあります
ので、早い治療がとても重要になります。


しかし、1型糖尿病の中には通常の1型糖尿病と違い、ゆっくりと症状が進む
「緩徐進行1型糖尿病(かんじょしんんこういちがたとうにょうびょう)」
呼ばれるタイプもあり、徐々にインスリンの分泌が少なくなり、将来的に
1型糖尿病のようにまったく分泌しなくなることもあります。


1型糖尿病の治療には、食事療法と運動療法とともに足りないインスリンを
補充するためのインスリン注射がすぐに必要になりますが、緩徐進行1型
糖尿病の場合は、すぐにインスリン注射を始めない場合もあります。


また、2型糖尿病と違い遺伝性がほとんどなく、10代で突然発症することも
めずらしくないのが特徴です。



「2型糖尿病」


日本の糖尿病患者全体の95%がこの2型糖尿病と言われています。


2型糖尿病には、インスリンの分泌量が少なくなって起こるものと、インスリン
の働きが悪いために発症するものがあり、発症の原因は、遺伝や肥満、ストレス、
過食や運動不足などによる生活習慣と考えられています。


1型糖尿病と違い、インスリン分泌がされないわけではないので、インスリン
療法をすぐにおこなう必要は通常ありませんが、最近はすい臓を休ませる目的で
インスリン療法を行うことも増えてきているようです。


40歳以降に発症することが多いのですが、最近では生活習慣の変化によって
10代で発症することも見られるようになってきています。


治療は、食事療法と運動療法、病気の進行具合では場合によってインスリンの
薬物療法も必要になることもあります。



妊婦の10人に1人で発症する「妊娠糖尿病」も


1型糖尿病と2型糖尿病は代表的な糖尿病ですが、
それ以外に発症率が高い、「妊娠糖尿病」というものがあります。


妊婦さんの10人に1人の割合で妊娠糖尿病と診断される比較的頻度の高い病気で、
1型糖尿病や2型糖尿病とは違い、妊娠がきっかけとなって発症します。


妊娠前に糖尿病だった人は、この妊娠糖尿病ではなく、「糖尿病合併妊娠」という
別の病名になります。


なぜ妊娠糖尿病になるかというと、妊娠が進むにつれて胎盤で血糖値を上げやすい
ホルモンが分泌されるため、インスリンの働きが弱められてしまい、血糖値が高く
なるからです。


特に妊娠中期以降に妊娠糖尿病と診断されるママが多いようです。


◆妊娠糖尿病になりやすい人

・家族に糖尿病になった人がいる
・肥満気味の人
・35歳以上の高齢出産
・原因不明の習慣流産・早産経験がある・・・など 


ママが妊娠糖尿病で高血糖になると、胎児も高血糖になり、
先天奇形や巨大児などの影響が出るおそれや、
早産や流産になる危険があるので注意しなければなりません。


妊娠糖尿病になると、ママと赤ちゃんともにリスクのある
出産になりますので、治療をする必要があります。


治療は、体の負担にならない程度の運動療法と食事療法で血糖値を抑えるようにしますが、
もしそれができない場合は、インスリン注射が必要になってきます。


インスリンは、おなかの赤ちゃんに移行しないことがわかっていますので、
悪い影響を及ぼす可能性はありません。


妊娠糖尿病は、今まで糖尿病ではなかったママがなりますので、突然、
妊娠糖尿病と告げられると不安になったり心配される方も多いと思います。
でも、血糖値をコントロールできれば無事に出産できますので大丈夫。


ただ、出産後には血糖値が改善する人が多いのですが、
将来的に糖尿病になりやすいので、定期的に検査を受けるようにしましょう。



↓糖尿病食で1番人気



>>「ウエルネスダイニング」詳しくはコチラ


↓糖尿病の方に人気のサプリ



>>「白井田七(しらいでんしち)」詳しくはコチラ


糖尿病の基礎知識

 

もし糖尿病になったら・・・

 

我が家の糖尿病奮闘記

 

ゲームのハード