もし糖尿病になったら・・・

糖尿病になったら、アルコール・甘いもの・タバコはやめなきゃダメ?

アルコールや甘いもの、ダバコなどの嗜好品を日ごろから楽しんでいる人って
多いのではないでしょうか?


そのほとんどの方がそのどれも体に良くないってきっとわかってらっしゃる
ことと思います。でも、今まで楽しんでいたことを急にやめるのはとても
難しいことですし、相当な決意も必要になります。


それぞれ摂取していいもののか、摂取する場合はどういうことに気を付けな
ければいけないのかをここでは詳しくお話ししていきます。



ビールや日本酒などのアルコール


アルコールはビールや日本酒などその種類に関係なく、体にとってリスクがあります。


栄養素がないわりに糖質やカロリーが高く、血液中の中性脂肪を増やしたり、インスリンの
分泌や働きを悪くし、摂りすぎると低血糖を起こす危険もありますので、飲酒の際は注意し
なければなりません。


血糖値のコントロールができない人は、医師からアルコールの摂取は禁じられますので、その場合は
必ず控えてくだい。血糖値のコントロールができ、医師から一定量の範囲内で飲酒の許可がある人も、
極力控えることが体のためにはいいのですが、お酒が好きで今まで飲んでいた人がいきなりやめて
しまうのは、強いストレスを感じずにはいられないことでしょう。


強いストレスは、血糖値のコントロールを悪くする要因にもなります。
それに会社などの付き合いで、どうしても飲まなければいけないこともあるかもしれません。
そんなとき、次のようなことに気を付けてれば体に大きな害を及ぼすこおなく、お酒を楽しむことが
できると思います。


・飲むときは、必ず医師に決められた量を守る
・おつまみは野菜や魚、豆腐などタンパク質の多い食品を摂る
・週に2日程度の休肝日をつくる


また、アルコールは食欲を増進させますので、ついつい飲み過ぎ・食べ過ぎになりがち。
逆に、食事を減らしてその分アルコールを飲むという方もいらっしゃるかと思いますが、アルコール
では体に必要な栄養素を摂ることができませんので、食事の代わりにすることはできません。


そして、糖尿病の薬を飲んでいる人やインスリン注射を行っている人は要注意!
アルコールの作用で低血糖を引き起こす場合がありますので、医師から飲酒の許可が出ていても、
飲酒には十分気をつけてください。


お酒は飲み方しだいで日頃の治療の成果がいっぺんに無駄になってしまうことがありますので、
リスクを理解しながら医師の指示をきちんと守って、お酒を楽しむようにしましょう。



お菓子やケーキなどの甘いもの


甘いお菓子やケーキなどはカロリーも高く、たくさんの糖分が含まれているため、血糖値を急激に
上昇させることがあります。その結果、血糖のコントロールを乱すことになりますので、こちらも
医師や管理栄養士の指導のもとで適量を摂るようにしなければなりません。


習慣的に甘いものを食べていた人や食べることに喜びを感じている人にとって、甘いものを控える
ことに苦痛さえ感じる人もいるかもしれませんが、次のようなことに気をつければ、血糖値を乱す
ことなく甘いものを楽しむことができます。


・決められた1日のカロリー内におさえる
・人工甘味料を使ったもの選ぶ
・油で揚げたスナック菓子は控える
・量を決めてから食べる


また、缶ジュースや缶コーヒーはカロリーが高く、糖質もたっぷり含まれていますので、好ましくは
ありませんし、スポーツ飲料も体に吸収しやすいブドウ糖やなどが含まれていますので要注意。
ノーカロリーや低カロリーのものを選んだり、コーヒーや紅茶はミルクや砂糖なしで、素材そのものの
味を楽しむようにするのもいいですね。


また、ブドウ糖や砂糖より人工甘味料のほうが血糖値の上昇が緩やかですので、パッケージなどを
チェックして人工甘味料を使ったものを選ぶと、甘いものもうまく摂取できると思います。


だけど、「どうしてもケーキなどカロリーも糖質も高いものが食べたい!」っていうときもありますよね?
さすがに毎回食べるわけにはいきませんが、そんなときはご褒美として食べてください。


たとえば、「目標としている血糖値や体重が達成できた」場合など、頑張った自分をほめるてご褒美を
あげることも治療を前向きにモチベーションを上げる1つの手段になると思います。


それでも甘いものが欲しくなったら・・・・?


時間をかけて思いっきり丁寧に歯を磨いたり、気分転換に運動したり、趣味に没頭してみてください(^^ゞ



タバコはやめるに限る


タバコは糖尿病でない健康な人でも体に害を及ぼすだけで、吸って良いことなどまったくありません! 


タバコは血糖値や血圧を上昇させる作用があり、動脈硬化を進行させたり、血流を阻害、肺ガンの原因にも
なりえますし、糖尿病の方は、心筋梗塞や脳梗塞、血管障害、神経障害、網膜症、腎症などの合併症を引き
起こす原因にもなります。


そうならないためにも、タバコはまったなしでやめましょう。


スパッとやめられればいいのですが、常習的に吸っていた方がすぐにやめることは難しいかもしれません。
禁煙は、想像する以上に大きな決意と、強い意志が必要になると思います。

そこで、ご自身のためでもありますが、ご家族のためと考えを一度変えてみてください。


喫煙は、あなた自身だけでなく、その煙を吸うご家族の健康にも悪影響を及ぼします。
タバコの煙には、何十種類もの発がん性物質が含まれていることを決して忘れないでください。


もし、きっぱりやめることが難しいようでしたら、まずは吸う本数を少しずつ減らしたり、禁煙補助薬を
使うことから始めてみてください。自分ひとりでは不安な方は、禁煙外来に通って専門の医師に相談する
ことも禁煙への大きな第一歩となると思います。


糖尿病になったことを機会に、自分のために家族のために、ぜひ勇気をもってやめるようにがんばってください



↓糖尿病食で1番人気



>>「ウエルネスダイニング」詳しくはコチラ


↓糖尿病の方に人気のサプリ



>>「白井田七(しらいでんしち)」詳しくはコチラ


糖尿病の基礎知識

 

もし糖尿病になったら・・・

 

我が家の糖尿病奮闘記

 

ゲームのハード