もし糖尿病になったら・・・

糖尿病は治らない病気なの?糖尿病とうまくつき合うヒント

糖尿病と診断された方にとって、この病気は治るものなのか、治らないものなのか?
ということは、とても大きな問題ですよね。


治るかどうかは、「早く見つけて、早く治療する」ということがカギとなります。
発見が早ければ早いほど、治療を始めるのが早ければ早いほど、治る確立が高くなるのです。


でも、糖尿病の初期は自覚症状がないため、糖尿病とはなかなか気がつきにくく、どうしても
治療を始めるのが遅れてしまいがち。自覚症状が出てて慌てて病院に行っても、すでに病気が
進行していて完治するのが難しくなるケースは少なくないのです。


2型糖尿病の初期であれば、適切な食事療法と運動療法のみで完治することも可能ですし、
薬物療法を始めた場合でも、すい臓の機能が回復し、血糖値のコントロールがうまくできる
ようになれば、薬物療法をやめ食事療法と運動療法のみで完治を目指すこともできます。
ただ、治すには自ら積極的に治療に取り組まなければなりませんので、強い意志を持つことが
大切です。


そして、1型糖尿病の人は、すい臓の機能を回復させることは難しいため、生きていくためには
一生インスリン療法を続けなければなりません。



「治す」ではなく「コントロール」


1型糖尿病の人や、症状が重くてすい臓の機能回復が難しいとされる2型糖尿病の人は、
現在のところ薬物療法による治療を続けていく必要があります。


完治できないと聞くと、将来を悲観する方も多いかと思いますが、きちんと食事療法や
運動療法、薬物療法を行い、血糖値をコントロールできれば、日常生活に大きな支障が
出ることは少ないはずです。


インスリン注射を行うことがとても面倒と思われるかもしれませんが、この手間で病気の
進行が抑えられ、仕事ができ、食べたいものも食べられ、外食もでき、旅行にだって行け
るんです。
今まで通りの生活が手に入るのであれば、思うほど悲観することもないのかもしれません。


病気を治すのは難しくても、病気をコントロールすることはできるはずです。


糖尿病は、治療をやめてしまえば、必ず病状は今より悪くなり、合併症を起こしていずれ
死に至る怖い病気です。でも、血糖値をコントロールできれば、今までと同じ生活を送る
ことができる病気でもあります。


それに現在、インスリン療法のほかにも「すい臓移植」がすでに確立されていますし、
さらに新しい「すい島移植」や「再生医療」など完治に向けた医療が日々開発されています。


糖尿病とともに生きていくことは、大変なことかもしれませんが、医学は日進月歩で
進歩し続けています。ひと昔前までは、糖尿病は不治の病で、死をも覚悟しなければ
いけない病気でしたが、今や世界で「治る病気」に向けて研究がなされていますので、
近い将来、糖尿病を完治できるような薬や治療法が確立する可能性は大いにあると思います。



糖尿病とうまくつき合うためには?


糖尿病は、一度発症すると完治が難しいのですが、治すことができなくても、うまく
つき合っていけば安静にしている必要もなく、健康な人と変わらない日常生活を送る
ことができる病気です。


糖尿病とうまくつき合うために一番大切なことは、「自己管理」です。


医師からの指示に従って、食事療法や運動療法、薬物療法を積極的に行っていけば、
たとえ病状が改善できなくても、今より悪くならないようにすることはできるはずです。


でも、初めから毎日毎日食べたいものを我慢したり、好きなお酒を我慢したり、運動を
行うことは誰だって難しいですよね?


いきなり生活を一気に変えてしまうのは、息が詰まってストレスがたまることになり、
血糖値が高くなる原因にもなりかねません。まずは今できることから少しずつ始めれば
大丈夫。


頑張りすぎず、ゆっくりでもいいから自分のペースで健康的な生活に変えていかなければ、
長く続けることはとても難しいのです。そして、たまには頑張った自分へのご褒美をぜひ
あげてください。いつもちょっと我慢しているカロリーの高い揚げ物や甘いもの、お酒など、
摂り過ぎには注意しなければいけませんが、きっと少し気分が楽になると思いますよ。


健康的な生活で血糖値がうまくコントロールができるということは、生活習慣病など
他の病気も防ぐことができます。糖尿病になったことをあまり悲観せず、健康でいら
れるきっかけになったと前向きに捉えることができれば、それは治療に向けた大きな
一歩となるに違いありません。



1型糖尿病の人でも、夢はあきらめない!


糖尿病は、自覚症状がなくなったからといって、血糖値が正常とはかぎりません。
血糖値がコントロールできているからといって、完治したとはかぎりません。


でも、たとえ完治ができなくても、世界で活躍している糖尿病患者さんは
たくさんいらっしゃいます。


完治ができないといわれている1型糖尿病の人でも、プロ野球、ゴルフ、アメフト、
スキーなどのスポーツ選手として世界で活躍している人はたくさん!


糖尿病であっても、血糖値のコントロールができればなんでもできるんです!


治療をしながら夢に向かって進み、それを実現することは、決して楽なことではないと
思いますが、誰だってやろうと思えばできるはず。


「治療も夢もあきらめない!」


そんな気持ちが、充実した人生を実現できる力になると思います。




↓糖尿病食で1番人気



>>「ウエルネスダイニング」詳しくはコチラ


↓糖尿病の方に人気のサプリ



>>「白井田七(しらいでんしち)」詳しくはコチラ


糖尿病の基礎知識

 

もし糖尿病になったら・・・

 

我が家の糖尿病奮闘記

 

ゲームのハード